待機が静止画になっていませんか?いますぐ動きをつけるコツ

こんにちは♪仙台チャットレディアリュールのりょうかです(^^)/

今日は待機映像のお話をしようと思います。

ヒマな時に「他のチャットレディさんはどんな待機をしているんだろう?」と思ってのぞいてみたことは誰しも一度はあると思います。

その時に「あれ?この人の待機、画面が固まってるのかな?」というような、まるで静止画のような待機映像の人を見たことはありませんか?

実は、ほとんどの場合が画面が固まっているのではなく、画面に映っているそのチャットレディさんがほぼ動いてないだけなんですよね。

これでは、お客様も「入ってみよう」という気が起こらないですし「もし入室しても画面が固まったままだったら嫌だな」と思うことだってあります。

 

では、どうやって待機中に映像の変化をつければいいのでしょうか。

どんなことでもいいのですが、、やりやすいことの一例を挙げようと思います。

 

★手を振る

鉄板中の鉄板だと思います。

まだ入室されてない、入室しようか迷っているお客様に手を振ることで親しみやすさ、入室へのハードルの低さをアピールします。

画面の動きもしっかりつきますし、真顔で手を振る人なんていませんよね。

自然と笑顔にもなりますので効果は大きいです。

 

★髪を触る

髪は女らしいパーツの一つであり、また触っていても不自然ではありません。

髪をそっと触るしぐさをすることで、女らしさをアピールすることができます。

長時間行っても手が疲れにくいこともポイントです。

 

★小首をかしげる

かわいらしく小首をかしげることで、キュートさをアピールできます。

小首をかしげてほほ笑む、まばたきをするなど、アレンジが効きやすいのも高ポイントです。

 

★語り掛ける

待機中の音声はお客様には聞こえてないのですが、口パクでもいいので「やっほー」「こんばんは」といったように口を動かします。

手を振るしぐさと相性もいいので、組み合わせてもOKです。

 

簡単に始められると思うので、静止画になりがちな方はぜひ試してみてくださいね。

それでは、仙台チャットレディアリュールのりょうかがお送りしました(*´▽`*)

 

仙台チャットレディならALLURE(アリュール)へ

コメントは利用できません。