「そういう声」の出し方が分からない!押さえたいポイントとは

こんにちは♪仙台チャットレディアリュールのりょうかです(^^)/

先に……今回は、モロにアダルトサイトでチャットレディをしている方向けの内容です(;’∀’)

ノンアダルトの方は、お客様との話のネタになるなぁ~ぐらいの気持ちで読んでくださると幸いです♪

本題ですが、アダルトサイトで活動していると「あの声」……いわゆる「喘ぎ声」を出す技術は必須になってきます。

でも、自分のそんな声なんて普段意識しない方も多いのではないでしょうか?

なんでもOK!AVを観る

まず、手っ取り早い方法としては、なんでもいいのでAVを見てみましょう。

購入しなくても、AV販売サイトにサンプル試聴できるページがいっぱいあります。

「実際はこんな声出さないよ」と思うかもしれませんが、そこは男性のファンタジーな世界。

接客業なので、男性の夢を守ってあげましょう!

あ+ん→慣れてきたら吐息も混ぜて

簡単なのは「あ」と「ん」を混ぜる方法です。

「あん」「んあっ」「んんん」などです。

慣れてきたら、これに「はぁっ」「ふうぅぅ」など吐息を組み合わせると、一気にそれらしくなります。

相手の調子と合わせる

お客様がまだまだ序盤っぽい雰囲気ならこちらも抑えめに、クライマックスでは大げさくらいがちょうどいいです(*‘∀‘)

チャット時間を引き延ばすために、最初からクライマックスでいくのはあまり得策ではありません。

「声を出すのが恥ずかしい」という形ですと、自然に抑えめでスタートできます。

卑猥な言葉を言えるようにしておく

いわゆる「エロいフレーズ」です。

ちょっとここに書くのは憚られるので……例えば女性器・男性器の名称だけで複数あります。

結構「自分好みの呼び方」が決まっている男性って多いです(;’∀’)私はそのお客様が好きな呼び方もメモを取ってます。

他にも、特殊なプレイで使うワードなど、探せばいくらでも出てきます。

それを言えるように、普段から語彙力をアップしておきましょう。

それでは、仙台チャットレディアリュールのりょうかがお送りしました(*´▽`*)

仙台チャットレディならALLURE(アリュール)へ

コメントは利用できません。